2006年01月31日

pot*cafe第二弾!「バリアフリーを考える」

vf2006_1intro_1.jpg よるカフェ.jpg


1月からスタートしたVOTのサロン企画「pot*cafe」

2月は、
「市民社会をつくる ボランタリーフォーラムTOKYO 2006」の
オフィシャルカフェ「よるcafe」に出張!
VOTでは、バリアフリーについてのトークセッソンを行います。

東京ボランタリーフォーラムのHP
http://www.tvac.or.jp/special/vf2006/

分科会:よるcafeのページ
http://www.tvac.or.jp/special/vf2006/2prg_19.html

トークセッション
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃テーマ:「健常者・障害者、それぞれが考えるバリアフリー」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最近では、「バリアフリー」という言葉が当たり前のように使われるようになりました。


今回のイベントでは、視覚障害を持つ学生、聴覚障害を持つ学生、
バリアフリー建築を研究する大学院生の三人をゲストスピーカーとしてお招きし、
それぞれが考えるバリアフリーについて話してもらいます。

□スピーカー

山城亘さん(日本大学大学院二年生)

窪田 祥子さん(わかものNPO-Voice Of Tsukuba)

加藤 健人さん(わかものNPO-Voice Of Tsukuba)

□司会

山浦 彬仁さん(わかものNPO-Voice Of Tsukuba)

□ディレクター

奈良 里紗(わかものNPO-Voice Of Tsukuba事務局長)

θプログラムθ
19時スタート
19:00〜19:40 トークセッション
19:40〜19:50 質疑応答

19:55 終了

会場:飯田橋セントラルビル1階
アクセス:JR飯田橋西口徒歩1分

※なお、当日は、聴覚障害を持つ方のための情報補償(同時通訳)、
視覚障害を持つ方向けに、拡大版(22ポイントと28ポイント)と点字版の資料
を用意する予定です。
ほかにも、何かサポートを必要とされる方はお問い合わせください。


なお、「pot*cafe」は2005年度コミュニティケア活動支援センター
イベント助成プログラムとして支援され、
住友生命社会福祉事業団および東レ株式会社の協賛をいただいております。
       
お問い合わせ
risabon@helen.ocn.ne.jp(なら)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
posted by Voice Of TSUKUBA at 18:11| Comment(0) | TrackBack(1) | イベントの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AAF2006ネットワーク会議

AAF.gif

2月10日、11日の2日間
アサヒ・アート・フェスティバルのネットワーク会議が開催されます。
Voice Of Tsukubaでは実行委員としてメンバーが参加しています。

11日のネットワーク会議では、
パネルディスカッションで、
公募企画の先行委員をつとめた、副代表・吉田ちひろ
企画プレゼンテーションにて、「隅田川プロジェクト」について、
事務局長・奈良里紗、椎名愛美がプレゼンターをつとめます。

ぜひご参加ください。



AAF2006ネットワーク会議
今年で5回目をむかえるアサヒ・アート・フェスティバル(AAF)。昨年に続きAAF2006でも、選考会で選ばれた全国の企画担当者が一堂に会する、AAFネットワーク会議をアサヒ・アートスクエアにて開催します。AAFのミッションを全体で共有し、各企画が連携するためのネットワーク構築を目的に開かれた昨年のネットワーク会議では、参加した各企画担当者が自主的に結びつき、結果AAF2005ではそれらのネットワークを利用することで、幾つかの企画が当初の予想を越えて発展していきました。
今回も企画担当者が全国から集まり、それぞれ企画概要、進行状況、企画のセールスポイント等をプレゼンテーションし、意見交換を行っていきます。また、より客観的な視点からも、AAFの可能性について考察していくため、特別ゲストをお招きして、AAF実行委員会との熱いパネル・ディスカッションも繰り広げます!AAF2006のスタートの場であるネットワーク会議に、みなさん奮ってご参加下さい。 
→AAF2006参加プログラム一覧

日時: 2006年2月11日(土)12:30開場
2006年2月12日(日)9:30開場
会場: アサヒ・アートスクエア
(東京都墨田区吾妻橋1-23-1 アサヒスーパードライホール4F)
入場無料


スケジュール
(※時間・内容が変更になる場合もございます。ご了承下さい。)

・11日(土)12:30開場
13:00 開演 
【AAF2006参加全企画プレゼンテーション(23プログラム)】
13:20〜14:30 企画プレゼンテーション <セッション1> 
14:45〜15:45 企画プレゼンテーション <セッション2> 
16:00〜17:10 企画プレゼンテーション <セッション3> 
17:30 17:30〜19:00 【パネルディスカッション】
「AAFの可能性 −アートでまちを考える・人と人とをつなぐ−」
基調講演:AAFへの期待〜特に、地域創造に着目して」
       吉本光宏(ニッセイ基礎研究所 芸術文化プロジェクト室室長)
パネリスト:竹田直樹(向島・路地園芸プロジェクト実行委員会/AAF実行委員)
       玉虫美香子(アリオン音楽財団/AAF実行委員)
       吉田ちひろ(筑波大学/AAF実行委員)
司会:芹沢高志(P3 art and environmentディレクター/AAF2006事務局長)
 
19:20〜20:30 交流会


・12日(日)10:30開場
11:00〜12:00 AAF実行委員会会議<拡大版> 第1部
13:00〜14:30 AAF実行委員会会議<拡大版> 第2部




お問い合せ
アサヒ・アート・フェスティバル事務局
TEL:03-3353-6866 E-mail:joho@asahi-artfes.net
URL:http://www.asahi-artfes.net

アクセス
アサヒ・アートスクエア(アサヒスーパードライホール4F)
   東京都墨田区吾妻橋1-23-1 
   東京メトロ銀座線「浅草」駅より徒歩5分
   都営地下鉄浅草線「浅草」駅より徒歩10分
   東武伊勢崎線「浅草」駅より徒歩6分
posted by Voice Of TSUKUBA at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

アサヒアートバーに行ってきましたぁー

今日はVOTのメンバーでアサヒアートバー@アサヒアートスクエアに参加してきましたぁー。。
バーというより、すみだ川プロジェクトのミーティングという感じでした。

060127_2000~01.jpg

060127_1959~02.jpg

以下、メンバーの感想です。

今日はアサヒアートバーの日。
あの金色のオブジェを写メニ収めつつ向かいました、が・・・
いつも通り+ステージの状態のアートスクエアにちょっと拍子抜け・・・・
しつつもジンジャーエールを購入し、話し合いに入りました。
最初は森さんのお話を聞き、その後は各自のチームに分かれ話し合いました。
私は水上バスについての話し合いに参加しました。
ひとことでいうなら、なんと活発なこと!!!
清水さん(楽の会)の提案を受けて、私の意見も含みつつ山浦くんが、どんなダンサーがいいのか、
踊ってもらう際に内容、例えば今回AASのテーマ、と関連させることは可能なのか、などを話し合いました。
しかし!!!これだけではないのです、決まったのは・・・
ダンスのワークショップをする!!!
しかも、参加者にグランドオープニングでそのダンスを披露する!!
はげし〜〜笑
でも、これこそ参加型のアートフェスティバルでしょう!!
といって人事ではなく、私も踊ることになりそうです・・・(汗)
まぁ。腹をくくりましょう・・・
次回は2/8。メンバーで水上バスに乗船することになりました。
楽しみだなぁ〜〜

(VOT副代表・吉田ちひろ)


***********

今日は、アサヒアートスクエアで行われたアサヒアートバーに参加してきました。
バーって、どんな磴砲覆辰討い襪鵑世蹐Α・隼廚辰燭蕁◆◆「
いつもとかわんないじゃん??(笑)
バーテンがいなかったのは、残念っ。
てか、お酒飲みませんでしたぁー。。。涙

でも、今日は、『東京をチェルシーにしよう』ということで、
すみだ川プロジェクトの話がかなり進み、三年計画でこれから
どうこのプロジェクトが動いていくのか、少しイメージできました。

まずは、私たち、筑波からきている人間は、すみだ川左岸といわれても
全く土地感がないので、map作りからはじめようということになりました。

前回の実行委員会でも、mapについて、これにバリアフリーの情報を入れると
いいのではないか?とわがVOTのよしこが提案していたように、まずは、私たちが
街歩きをしてみてmapを作り、その後、あれこれ手を加えていくという感じになうrのかなぁと。

そして、すみだ川プロジェクトとして、『すみだ川ツアーズ』として、
ツアーを組み、AAF独自のすみだ川左岸のオモシロ街歩き&AAFお楽しみツアーをすることになりましたぁー◎

まだまだ、わからないことたくさんあるけど、皆さんとぉ〜っても優しいし、
親切に色々と教えてくださるので、どんどん参加して色々なことを吸収していけたらなぁーと思うナラリサでしたぁ。。。

あっ、ちなみに、すみだ川プロジェクトやりたいですっ!!と言ったら、今度のAAFネットワーク会議で『すみだ川プロジェクト』についてのプレゼンをやるという大役をさせていただくことになりましたっ!!!

こんなにちゃんとしたところで、プレゼンするのは初体験なので・・・ドキドキ
だけど、ワクワク楽しみです。。。

がぁんばるぞぉー★

(VOT事務局長・奈良 里紗)



posted by Voice Of TSUKUBA at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | AAF(アサヒアートフェスティバル)関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

pot*cafeの感想 〜参加者の声〜

環境サークルエコレンジャーの竹田千尋さんが
Voice Of Tsukubaの設立記念サロンpot*cafeに参加してくださいました◎

以下は、竹田さんの感想です黒ハート

『自分には無い考えや意見を持っている人の話が聞けて、ちょっ
と違和感もありましたが新鮮でした。クララチャートを使って
分析を行った後に実際にどうしたら良いか考える、というスタ
イルはいきなり解決策作りに取り掛かるよりもやりやすく、な
かなかおもしろくてよかったと思います。ただ最後の発表が慌
しく、自分がその後用事があったので交流会に参加できなかっ
たこともあり、他の班の報告がちゃんと聞けなかったのが残念
でした。』


続いて、筑波学院大学の村上さんがイベントに参加しての感想を書いてくれました◎

『他の若者たちの生活や考えを知ることが出来て自分にとってとても参考になり良かったです。』

ご参加いただき、ありがとうございました★
posted by Voice Of TSUKUBA at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 1月のpot*cafeの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

pot*cafeの感想

先日ついにVoice of TSUKUBA
の一つのプロジェクトであるpot*cafe
が行われました。会場は「つくば市民ギャラリー」。TXつくば
駅付近の水上に浮かぶデザイナブルなギャラリーです。
前日に合宿をしてその足でイベントという超ハードスケジュー
ルでした。

今回のテーマは「若者分断の危機!?」で、千葉からも「コミュ
ニティアートふなばし」の下山さんや「こぱてぃ」の小熊さん
もゲストとして駆けつけてくれました☆

第一部はトークセッション。
下山さん・小熊さん・奈良りさ がそれぞれの立場からこのテ
ーマについて語りました。司会は山本さん。話の引き出し方上
手いよなぁ。
それぞれ「若者の分断」について思うところが異なり、面白い
話が聞けました。特に奈良りさの「障害者と健常者の分断」と
いうのはなかなか聞けない話。新たな視点です。
ちょっと会場の席が埋まりきれなかったのが残念。

第二部はワークショップ。
4つのテーブルに分かれて、自分たちがどこのコミュニティに
属しているのか、ということを通称クララチャートというもの
で検討してみる。そして、それぞれ異なるコミュニティをどう
やってつなげるか、アイデアを出すのです。
このクララチャートというのが厄介で、皆分類の仕方に右往左
往。我々チームは、さすが小熊さん、順調に進みました笑

結果、わがチームは分断を解消するために「祭り」を軸にすえ
たイベントをやる案を考えました。
いろんな人が来たくなるもの=お祭り というわけです。そこ
にアートだとか大道芸だとか、ムシキング(子供)、編み物教室(
おばあちゃん)、料理対決(主婦)などを混ぜ込み、いろんな人
が交わるイベントにしよう!と。もう若者どころか全コミュニ
ティ網羅する勢いです。

それぞれ4チーム、アイデアを出し合い、本イベントは終了。
会場使用時間がぎりぎりで、追い出される格好で幕を閉じまし
た。うーん。

その後はそこから20分歩いた場所で交流会。参加率は高く、い
ろんな方と話しました。結局すべてのアイデアはユースフォー
ラムに持ち越され、そこでアイデアをつめることになりました
。実現されると楽しいですね〜。

というわけで、かなり反省点が残りましたが、
ついにpot*cafeが動き出した!って感じですね!
これからもご期待ください。

VOT副代表:吉田 幸喜
posted by Voice Of TSUKUBA at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 1月のpot*cafeの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

水戸合宿&水戸探索ワークショップその@

いってまいりました水戸!!
水戸はわが故郷なので、blogにも気合が入ってマス。ということで今回のライターは合宿大臣shimanaが担当しています。

今回、合宿の詳細発表が二日前ぐらいという不手際をやらかし、なおかつ当日大遅刻という失態をかましましたが、そこはノリでカバーホント申し訳ありません。。

では、まず参加者の紹介から。今回はVOTメンバー(ちひろ、りさ、てつや、ヤマウラ、杉田、吉田幸喜、椎名)水戸二高の後輩三人(王子、メグ、ちなつ)(夜のみ丹治さんと佐川さんが参加)

今回のスケジュール→
つくば発→水戸芸術館見学→昼食→水戸探索ワークショップ→水戸ユースホステルへチェックイン→夕食→プレゼン発表→新年会

ということで第一弾は合宿の紹介で終わります。明日詳細を書いた第二弾でを書きますのでお楽しみに!
posted by Voice Of TSUKUBA at 01:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 合宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

合宿の感想★(スタッフ・てつや)

合宿の感想☆

ちょっと遅くなっちゃったけど、この前の合宿の感想を少々☆

いや〜何より楽しくってよかったです!
団体としての方向性とかどうとかももちろん大事だけど、何より楽しくなきゃそれはあんまいい団体とは言えないよね!

水戸の街を歩いたりそのことをプレゼンしたり、とても楽しい1日でした!
まさか女子高生と一緒に歩くなんて思ってもみませんでした(笑)。

水戸の街を歩いたことで発見できたことはいっぱいあったけど、個人的に特に印象に残ったのはやっぱりあの路地裏の細い道にたたずんていた小さな養蜂屋さん。
小さなお店ながら、蜂が巣を作るときに出す分泌物(?)から作るろうそくなどその商品1つ1つには、おばちゃんの熱い想いが込められてるような気がしました。
1つ1つがちがって、それぞれのよさがあって、手作りの温もりと優しさを感じました。
そのおばちゃん、蜂がよく集まるアカシアという木が日本で禁止されようとしているのを受けて、その政府の対応に憤りを隠しきれないご様子でした。
政府はよくわからぬまま禁止を促そうとしているようで、それに関連してさまざまな政府のローカルな部分への対応に関して、おばちゃんはもっと地域の人のこと、現地の人のことを考えてほしいと言っていました。
まったくその通りだと思いました。
自分はまだまだ知らないことが多すぎるということを痛感しました。

帰り際に、おばちゃんは「好きなの取ってっていいよ」と、ろうそくをみんなに一つずつくださいました。
すごく嬉しかったです。

今回街歩きをして、そうして小さな養蜂屋さんのおばちゃんの小さなあったかさに触れられることができて、本当によかったです!
水戸もまだまだ捨てたもんじゃないなあと思いました(笑)。
長くなってしまいました。。
他にもいっぱい発見、喜びがあって、とにかく今回の合宿はとてもよかったです!
今回の合宿で得たものを今後の活動に活かせていけたらと思います♪

(VOTスタッフ・長谷川 哲也)
posted by Voice Of TSUKUBA at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 合宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。