2006年10月30日

〜フロアバレーを体験しよう!〜 イベント後記

10月22日に
チャレンジスポーツ・プロジェクト第4弾 〜フロアバレーを体験しよう〜が、筑波技術大学で行われました。


今回は技術大の学園祭と重なり、事前に参加を希望された方だけでなく、ふらっと立ち寄ってくださった視覚部・視覚部の学生さん、思わず飛び入り参加という方等々が足を運んでくださいました!
20061022151544.jpg


また、なによりも今回のイベントでは、NSA(Normalization Sports Association)との初コラボが実現しました(拍手!)初対面の人もいたものの、すぐに打ち解けてお互いにとって貴重な出会いの場となりましたぴかぴか(新しい)



そして、ゲストはなんとフロアバレーの社会人チームの方を3人招いてみっちりとその魅力と凄まじさを教えられました。スパイクが本当に恐ろしい…exclamation×2
20061022104943.jpg


まずは、体験会の前の様子。
スタッフがフロアバレーのルールをゲスト伝授してもらっている。
ネットの下をボールが??指示だしができないたらーっ(汗)
20061022153409.jpg


準備を終えて、いざ体験会へ。
チームごとに交流をはかるため、ちょっとしたレクを。といいながら、いきなり盛り上がっている。
風船からテープをはがす様子。
20061022133640.jpg


とその前に、まずは「百問は一見に如かず」ということでフロアバレーの様子を見ていただくことに目
20061022141851.jpg


そしていよいよ、参加者を交えたゲームをすることに。
フロアバレーでは、前衛後衛のコミュニケーションが命なスポーツであるため、騒ぐことができないけれど、つい声が出てしまう…。応援するときも、念をひたすら送るのみ!!
20061022142605.jpg


試合形式になると、前衛は誰もがアイマスクをして果敢にスパイク・ブロックをする。その後ろで、後衛は必死にレシーブと指示出し。

どんな人でも、熱くなれるスポーツ。

それが、フロアバレーなのかと実感するのだった。
20061022142247.jpg


完全燃焼した体験会の後は、大学からつくばセンターまでをまち歩き♪をし、つくば在住でない私にとっても、かなり発見の多いまち歩きでした〜。


つくばセンター前のQ’tにて交流会。ここでは、VoTメンバー発案の「名前でビンゴ」で盛り上がる。
20061022192552.jpg


そんなわけで、色々と盛りだくさんなイベントでありました。
心残りなのは、技術大の学生さんへ即席のサポートしかできず、コミュニケーションが取りづらくなっていたことです。今後こうした反省を活かしていこうと考えています。


フロアバレーは、
コミュニケーションのスポーツ」というだけでなく、

ふれあいながら

純粋に誰もが輝けるスポーツ


であると、筋肉痛に耐えながらふと思うのでした。

2006年10月26日

pot*cafe in December スポーツの秋、お喋りの秋。 〜地上50cm時速60kmの世界〜

□□□□□□□□□*********□□□□□□□
秋。
寒さも少しずつ厳しさを増しつつも、まち・ひと・自然、どれも色づくいい季節ですね。
□□□□□□□□□*********□□□□□□□

pot*caféのお知らせ

今月のテーマは、「スポーツ」
「スポーツの秋、お喋りの秋。 〜地上50cm時速60kmの世界〜」
スポーツの秋。だからって、体を動かすばかりがスポーツじゃありません。ちょっと寒くなりだしたこの時期、ゆっくり腰掛けながら、スポーツの熱さを味わってみませんか?

参加をお待ちしています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪pot*café 〜地上50cm時速60kmの世界〜≫

主催: わかものNPO−Voice of Tsukuba
日時: 11月3日(金) 文化の日
13:00〜16:30(終了後、別会場にて懇親会)
場所: 筑波大学第二学群棟2B208(予定)

□概要
観戦する面白さ、実際に体を動かす楽しさ。その2点から、スポーツについて考えてみたいと思います。
まず、車椅子マラソン選手である、川名晃夫さんに車椅子マラソンの魅力についてお話していただきます。スピード感、自己記録更新のための選手同士での協力、時速50kmを超える坂道、クラッシュ、アクシデント。車椅子マラソンの奥深さを堪能してください。
 続いて、筑波大学ではおなじみとなっている、スポーツ・デー。その学生委員会委員長である中山裕司さんよりスポデーについてお話いただき、スポーツをする楽しさについて考えます。

pot*caféが目指すものは、「参加者間に新しいつながりが芽生える」ことです。
そのため、テーマや開催場所は、「何か新しい発見が出会える」「今まで知り合えなかった人に出会える」ということを一番に考えます。

・・・・・・・・・+++++++++++・・・・・・・・・・・・
■日時:
11月3日(金)  13:00〜16:30

■場所:
つくばエクスプレス「つくば」駅下車
つくば駅より、筑波大学中央・筑波大学循環(右・左回り)行きで、筑波大学中央駅下車

■参加費
400円(予定 資料代)
■当日のプログラム (予定)
1 ご挨拶
第一部 〜地上50cm時速60kmの世界〜
2 川名晃夫選手のお話。〜車椅子マラソン、その魅力〜
3 グループトーク 30分

第二部 〜子供は風の子、元気の子〜
4 スポーツデー学生委員会委員長、中山裕司さんのお話。〜スポーツをする楽しさ〜
5 グループトーク 45分
☆ グループで自由に話してください。また、トークテーマを用意しておくので、それについて話を深めてもよいです。

エンディング ―実際に観戦する場、体感する場―
6 声をからして熱くなれ!〜牛久シティマラソン〜
7 自ら闘え!そして楽しめ!〜スポーツ・デー〜

・・・・・・・・・・+++++++++++・・・・・・・・・・・・
■ ゲスト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
□川名晃夫さん
車椅子マラソン選手

□中山裕司さん
筑波大学 スポーツデー学生委員会委員長
・・・・・・・・・・・・・・・+++++++++++・・・・・・・・・・・・
■お問い合わせ          
主催:わかものNPO-Voice Of Tsukuba

担当:岡村一大(sey-arumako.@docomo.ne.jp)
事務局 (voiceoftsukuba@yahoo.com)
HP: http://vot.seesaa.net/
Mixi: http://mixi.jp/view_community.pl?id=430512

*最新情報は、随時更新いたします。

posted by Voice Of TSUKUBA at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | pot*cafe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

pot*cafe in October 〜新たな学びをデザインする〜

□□□□□□□□□*********□□□□□□□
秋。
読書・スポーツ・文化などいろいろと個々で教養を深め、アクティブに動く時期ですね。
□□□□□□□□□*********□□□□□□□

pot*caféのお知らせ

今月のテーマは、「教育」
「新たな学びをデザイン」
する上で、カギとなる方々を招いて「学び」のカコ・イマから、未来を知り、創造しませんか?
参加をお待ちしています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪pot*cafe〜新たな学びをデザインする〜≫

主催: わかものNPO−Voice of Tsukuba
日時: 10月29日(日) 13:00〜15:30
場所: 筑波学院大学 2305教室

□概要
Voice of Tsukubaメンバーの一人、筑波大学人間学類2年の小野明日美が自身の不登校経験か ら、「学校での教育」が当たり前というこの社会に疑問を抱き、こうした社会でも多種多様な学びがあることから、そこでの様々な「学び」を知り、見つめなおし、新たな「学び」を創造する機会を提供したいということで、サロン形式に宮寺晃夫先生(筑波学院大学教授)、林大介先生(21世紀教育研究所事務局長)、そして企画者(小野)がそれぞれの視点で、学びについて考えるきっかけを作ります。その後、気軽なディスカッションとワークショップ形式で、実際に新たな学びをデザインしていきます。

pot*caféが目指すものは、「参加者間に新しいつながりが芽生える」ことです。
そのため、テーマや開催場所は、「何か新しい発見が出会える」「今まで知り合えなかった人に出会える」ということを一番に考えます。

・・・・・・・・・・・・・・・+++++++++++・・・・・・・・・・・・
■日時:
10月29日(日)  13:00〜15:30

■場所:
つくばエクスプレス「つくば」駅下車
つくば駅より、筑波大学中央・筑波大学循環(右・左回り)行きで、筑波大学図書館情報学群棟前・筑波
学院大学前駅下車

■参加費
第一部・二部 500円(資料費)

■当日のプログラム
12:30 受付開始
13:00 第一部 小野明日美(約5分)
13:05 宮寺晃夫先生(約30分)
13:35 林大介先生(約30分)
14:05 第二部 ディスカッション(約20分)
14:25 「新たな学びをデザインしよう!!」(約1時間)

・・・・・・・・・・・・・・・+++++++++++・・・・・・・・・・・・
■ ゲスト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
□宮寺晃夫先生
日本の教育哲学を牽引する、第一人者。
筑波大学教育学系教授、人間学類長などを経て、
現在、筑波学院大学情報コミュニケーション学部教授。
日本教育学会機関紙編集委員長。

主著:「教育の分配論」(2006、勁草書房)「教育の哲学」(2006、世界思想社)など。

□林大介氏
「ユースエンパワメント」「子ども・若者の社会参加・参画の場の創造」をキーワードに、
講座の企画やコーディネート、プログラム開発、ファシリテートなどを行っている30歳。
現在、NPO法人21世紀教育研究所事務局長、NPO法人Rights常務理事
子どもの権利条約ネットワーク事務局長、日本子どもNPOセンター理事など
多数の「子ども系NPO」の要職を務める一方、中学高校でも教鞭を振るう。

共編著:「教育特区ハンドブック―この“まち”だからできた教育改革」(2006、学びリンク)
「16歳選挙権の実現を!―選挙権年齢の引き下げを考える」(2002、現代人分社)など

・・・・・・・・・・・・・・・+++++++++++・・・・・・・・・・・・
■お問い合わせ          
主催:わかものNPO-Voice Of Tsukuba

担当:小野明日美 (asumi_g@yahoo.co.jp)
事務局 (voiceoftsukuba@yahoo.com)
HP: http://vot.seesaa.net/
Mixi: http://mixi.jp/view_community.pl?id=430512
posted by Voice Of TSUKUBA at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | pot*cafe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

チャレンジスポーツプロジェクト〜フロアバレーを体験しよう〜

今回は「チャレンジスポーツ 〜フロアバレーを体験しよう!〜」ということで、
未体験なスポーツで一つ上の秋を行こう。
☆なお、今回は定員30名の申し込み制です。

--------------------------------------------------

≪チャレンジスポーツプロジェクトvol.4
〜フロアバレーを体験しよう!!〜≫

□主催: わかものNPO−Voice of Tsukuba
□共催: NSA(Normalization Sports Association)
□日時: 10月22日(日) 10:30〜20:00
□場所: 筑波技術大学(体験会)、Q’t 3F newsDELI(交流会)
 
□概要
スポーツの秋、そんな季節になりました。
そこでVoTでは、
第4弾 チャレンジスポーツプロジェクト 〜フロアバレーボール体験会〜 を行います。

と言っても「フロアバレーって何?」と疑問に思われる方が多いでしょう。
フロアバレーは、ボールを転がしてプレイします。また、前衛のプレイヤーは、アイマスクをするため、視覚の情報が完全に遮断されます。

そのため、プレイ中は、前衛も後衛も声でコミュニケーションをとります。この『コミュニケーション』がゲームをゆくえを左右するほど重要なことです。声を使ってコミュニケーションをとるからこそ、チームのメンバーひとりひとりが主役になれるのです。

視覚障害のあるなしではなく、ルールを少しアレンジすることによって、どんな障害があっても関係なく楽しめる、そんなフロアバレーを通して、新しい友人と出会い、楽しい一時を過ごしませんか?

□チャレスポ・コンセプト
 チャレンジ・スポーツ・プロジェクトとは、わかものNPO‐Voice of Tsukubaが主催する2006年度からスタートした、スポーツを通じてコミュニケーションを図るプロジェクトです。

本プロジェクトでは、「障害者スポーツ」を誰もが参加できるものにアレンジを加え、楽しく熱く色々なスポーツに挑戦します。イベントとしては、障害者スポーツを実際に「体感」でき、毎回の講師は、様々な障害者スポーツの第1線で活躍する選手、障害に関する分野の研究者、障害を持つ当事者たちとなっています。

 また、ユニバーサルデザインを考えるきっかけとして、健常の方、障害に関する知識を持っていない方、障害支援に興味のある方の参加を推奨します。そのために、どんな障害をお持ちの方でも、参加できるように、アレンジ&サポート体制を組みました。

□日時
2006年10月22日(日)
第1部:10時30分〜
第2部:14時〜

□場所
第1部・2部:筑波技術大学
交流会:Q’t 3F newsDELI

□参加費
  500円(レク経費)+1,500円(交流会費)

□当日のプログラム
10:00  つくば駅集合
11:00  筑波技術大学視覚部到着 
フロアバレー体験会の開始(本格的なフロアバレーの体験会)
13:00 ランチ(筑波技術大学構内)
14:00 レクリエーションバレー
(フロアバレーを使ったレクリエーション)
16:00 体験会終了
つくば駅へ移動
17:00 交流会
20:00 イベント終了

□参加申し込み方法
件名に、「チャレスポ 10月希望」、本文に、お氏名、ご職業、メールアドレスを明記の上、okamura@mx6.ttcn.ne.jp(VoTの岡村)までお送りください。詳しい情報をお知らせします。

■お問い合わせ                                    
主催 わかものNPO-Voice Of Tsukuba
HP: http://vot.seesaa.net/
Mixi: http://mixi.jp/view_community.pl?id=430512

e-mail: voiceoftsukuba@yahoo.com(事務局)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。