2006年12月15日

イベント後記 pot*cafe 〜We love 街! あなたともっとふれあいたくて〜 

そもそも私が今回街づくりをテーマにしようと思ったきっかけは、7月にVOTでやった街歩き企画からでした。

どーほー公園.jpg


私はただ場所として存在しているだけで街が好きだったのですが、この日の街歩きを通して
人と触れ合う場所としての街

を知り、それが喜びになった“街”に興味を持たずにはいられませんでした。

メリーゴーラウンド.JPG


12月のpot*cafeの企画担当として、街を取り上げることができ、興味のある分野できた〜!と思っていたものの、実際に企画を考え出したりするうちに、だんだん自分のやりたい企画とはこれなのか?という疑問が出て、この大きな壁にぶち当たって困惑するという毎日でした。


けれど、VOTのメンバーと企画の意義や伝えたい思いをどうイベントに託すか、じっくり話し、企画が完成しました。


当日は私のあいさつから始まり、ゲストの吉澤くん、横山さんが自分の活動を絡ませつつ街への想いを語ってくださり、メインとして私がもっとも力を入れたワークショップを行いました。


ワークショップでは2つの班にわかれ、それぞれ街への想い・アイディアをふんだんに詰め込んだ“街活性化プログラム”をつくりあげることができ、その内容の充実さに私自身この企画をやってよかったなと実感できるものになりました。

質問.JPG


pot*cafeが終わり、参加してくださった方たちとメンバーでイルミネーションで綺麗に彩られた街を歩きしましたぴかぴか(新しい)

??〓????α.JPG


企画をやった中で、「いいイベントでしたね。」と言われてとても嬉しくなりました手(チョキ)手(チョキ)

街についての考えを深められたことと人に何かを与えることのできた喜びが、この活動の中で一番心に残っていることです。

記事担当:長江奈々
posted by Voice Of TSUKUBA at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イベント後記 pot*cafe in December 〜We love 街! あなたにもっとふれあいたくて〜

会場.JPG 


12/3に、つくば市市民活動センターにおいて、『pot*cafe in December 〜We love 街! あなたにもっとふれあいたくて〜 』 が開かれました。


 今回のテーマは、「」と「」とのふれあい。



 ゲストや企画者、参加者それぞれが抱いている“街へのキモチ”を知ることを通して、つくばをさらなる人と街のふれあいが生まれるような街『未来都市つくば』へと進化させるきっかけを作ろうexclamation×2という企画です。

 
 まずは今回の企画者である、VOTメンバーの長江奈々さん。
 彼女が自ら足を運んで撮影した市内各所の写真をめくりながら、つくばへの熱い思いを語っていきます。

ななちゃん.JPG


 写真の中には、目の悪い人にはとても読みづらいような小さな字で示された路線図、背の低い人や腰のまがったお年寄りは読めない高さの時刻表など、つくば市のバリアフリーに対する意識の低さを表すようなものや、いままで気がつかなかったような美しい風景スポットなどつくばのすばらしさを表すようなものなどがありました。


 話が進むうちに、つくばのいい面わるい面が少しずつ明らかにされていきました。


 次に、ゲストの吉澤拓朗さんと横山夏来さんに、それぞれが抱いている街への思いや、街とどう関わってきたかについて語ってもらいました。

吉澤さん.JPG


 吉澤さんは地元町内の自衛団や保育ボランティア、民主党サポーターなど多岐に渡る活動を通して、横山さんは街づくり市民活動を支援する学生NPOや学生まちづくり学会を通して深く街と関わってこられたということで、体験談は政治や環境の分野にまで及びました。


 
また、吉澤さんには、自分の街とつくばを比べて、やはり「つくばは福祉面での整備が進んでいない」とのご指摘もいただきました。


 ゲストの話をきき、ディスカッションをして、街のいろんな側面へと思いを馳せるようになったところで、いよいよグループに分かれてのワークショップ、『指令!! 未来都市つくばをデザインせよ!!』 開始!
 


 僕のいたグループでは、主に“自転車の街つくば”を活かしたよりよい街づくりについて話が盛り上がりました。


 個人的にすごく興味をそそられた話は、自転車のまま乗ることができるバスを走らせることによって、より広範囲にわたるドア・トゥー・ドアが可能になる、という「チャリバスるんるん」 の話でした。おもしろい!


 話は徐々に盛り上がり、つくばの交通、四季をいかした街づくり、情報発信になどについてのおもしろいアイデアが次々と生まれ、「未来都市つくば」の姿がみえてきました。
 

 最後に、各グループが考えた「未来都市つくば」をプレゼンしてイベントは終了時刻を迎えました。

プレゼン.JPG


 今回のイベントは、3時間足らずという、決して長くはないものでしたが、イベントを通して“つくばの進むべき道”手(グー)を垣間見ることができたと思います。


 なによりも、街をよりよいものにしたい!と願い、活動している人達がこんなにもいるということが、一番の驚きと喜びでしたハートたち(複数ハート)
posted by Voice Of TSUKUBA at 09:34| Comment(0) | TrackBack(1) | pot*cafe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

わかものNPO−Voice of Tsukuba1周年イベント

□□□□□□□□*********□□□□□□□□

わかものNPO−Voice of Tsukuba1周年イベント

千葉クリエイティブクラスタ−セカンドステージ
つくばクリエ−タ−ズミーティング
「パレッドつくば−新しいつくばシーンを描き出せ」
Vot meets CCC

2007年1月14日、14:00→START
場所:つくば市市民ギャラリー
□□□□□□□□*********□□□□□□□□

つくばエクスプレス開業から早1年半が経ち、
「つくばスタイル」の発信に向けて、
つくばでは様々なクリエイタ−が活動を展開しています。

千葉を中心として、文化活動の基盤整備事業を展開する、
(特活)コミュニティアート・ふなばしの事業
「千葉クリエイティブクラスター」がつくばにやってくる!

今回はスペシャルゲストとして、企業メセナの旗振り役、
そして全国の地域文化活動の推進役でもある、
アサヒビール芸術文化財団の加藤種男さんが、つくばに!!

つくばアートシーン関係者、つくばまちづくりシーン関係者が大集合。
つくばの「クリエイター」と、千葉・東京・全国のクリエーターを結ぶ。
まちとアートの関係性を、
軸に「新しいつくばシーン」についてのスタートミーティング

日時:2007年1月14日(日曜日)14時−17時
場所:つくば市市民ギャラリー
参加費:1000円(資料代+交通費)

・・・・・・・・・・+++++++++++
■ スペシャルゲスト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

□ 加藤 種男さん
  (アサヒビール芸術文化財団事務局長)

1990年の企業文化部設立以来、アサヒビールの社会貢献部門を幅広く担当。
アサヒビール社会環境推進部副理事、横浜市芸術文化振興財団専務理事も兼務。
企業メセナ協議会研究部会長、いくつかのNPOや文化経済学会理事を務めるほか、
美術や音楽の批評なども行う。
共著に『社会とアートのえんむすび』(トランスアート)などがある。

+アサヒ・アート・フェスティバル+
 http://www.asahi-artfes.net/

□ 野口 修さん
(つくば芸術文化振興NPO設立準備委員会)

79年、つくば市に フリースペース・アクアクを設立し、文化活動の拠点づくりに弄走。
以後21年 にわたり音楽・アート・演劇・ケーブルテレビなどさまざまな分野の文化活動を展開。
現在、つくば芸術文化振興NPO設立準備会を主宰し、
つくばカピオホールにて、コンサートの企画などを行う。

+芸術文化振興NPO+
 http://artnpo.exblog.jp/

 □   筑波大学アートギャラリー「T+」(ティータス)

筑波大学の芸術専門学群に所属する学生の作品展示を中心に
筑波大学を創造、発信の場。
主にギャラリーの管理運営の他、「T+paper」を発行し
広く関東圏のアートシーンと学内のリンク役ともなっている。

+筑波大学アートギャラリー「T+」
 http://t-tasu.geijutsu.tsukuba.ac.jp/

その他、つくばを中心とした、アーティスト、市民活動キーパーソンが
当日、来場予定!!(現在交渉中)
詳細決定次第、随時報告。

・・・・・・・・・・+++++++++++
■ 報告
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 □吉田 ちひろ
 (わかものNPO−Voice of Tsukuba 
 アサヒ・アート・フェスティバル2007選考委員)

 □高橋 一巴
 (わかものNPO−Voice of Tsukuba 
 学生まちづくり学会2007実行委員)

 □長江 奈々
 (わかものNPO−Voice of Tsukuba
  筑波学院大学2年)


・・・・・・・・・・+++++++++++
■ 進行
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

□山浦彬仁
(わかものNPO−Voice of Tsukuba代表
特定非営利活動法人コミュニティアート・ふなばし副理事長)

 ・・・・・・・・・・+++++++++++
■当日のプログラム (予定)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 14:00 START!!

 第1部:講演、加藤種男さん
     「アサヒ・アート・フェスティバルと地域創造」(仮)

 15:00

 第2部:CCC円卓会議
     「つくばクリエイターズ・ミーティング」
     
     ラウンドテーブル形式で、
     今後のつくばアートシーン、そしてつくばの市民活動シーンについて
     参加者全員で議論していきます。

 16:00

 第3部:交流会
     
     軽食を用意させて頂きます。


 17:00 CLOSE

・・・・・・・・・・・+++++++++++
 ■主催:特定非営利活動法人
     コミュニティアート・ふなばし
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 千葉県船橋市を主なフィールドに活動するアートNPO。

 1997年より、活動を開始。知的障害児との即興ダンスワークショップ、
 10代20代がつくるコミュニティカフェ・プロジェクト「cafe-3-」等、
 先進性とフットワークの軽さに定評がある。

 「光の庭の子どもたち」(大木裕之)、「God Bless America」(高嶺格)、
 <収穫祭>船橋プロジェクト(モノクロームサーカス・飯田茂実)、
 「フリフリ プロジェクト」(三浦宏之ほか※アサヒ・アート・フェスティバル2005参加企画)
 「千葉クリエイティブクラスター」(アサヒ・アート・フェスティバル2006参加企画)などで
 “アートの最先端と社会の最先端をつなぐ”、ユニークなアートプロジェクトを数多く手がける。
 
 コミュニケーション・プログラムとしては、船橋市本町通り商店街振興組合等の
 地域商店街とのコラボレーション、「ちばNPOユースフォーラム」
 「第3回全国アートNPOフォーラム 船橋セッション」事務局等を担当している。

 理事長:下山浩一

 http://www.communityart.net


・・・・・・・・・・・+++++++++++
 ■共催:わかものNPO−Voice of Tsukuba
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 多様な主体がいる、移民のまち「筑波研究学園都市」において、
 「多文化共生社会」に向けて、つくばの「わかもの」から
 アクションを起こしていこう、ことをモットーに
 2005年11月に結成。
 
 結成以来、毎月、今日的課題をテーマ設定にして
 フランクにはなせるコミュニケーションイベント「pot*cafe」
 多様な主体が「主役」になれることを目的とした
 「チャレンジ・スポーツ・プロジェクト」で、
 ブラインドサッカーや、フロアーバレー講習会を実施。
 また、つくばの「まちあるき」を通じて、
 つくばの人的・環境的資源を掘り起こす「ペデスパイラル」プロジェクトなどを展開。

 また、アサヒ・アート・フェスティバル実行委員や、
 学生まちづくり学会実行委員など、
 広く関東圏の「まちづくり」シーンを結びつくことによって、
 メンバーのスキルアップとキャリア形成を目指す。

 結成から1年半を向かえた今日、
 ver、2.0に向けて、「殻を破るため」現在、試行錯誤中。
 
 http://vot.seesaa.net/

 ・・・・・・・・・・・+++++++++++
 ■千葉クリエイティブクタスターとは?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 千葉発、アートNPOがつなぐ地域資源のNext Stage

 「千葉クリエイティブ・クラスター」(略称:CCC)は
 地域発の市民参加型アートの質と量の向上をはかる、基盤形成のためのプロジェクトです。
 千葉県内のコミュニティ拠点相互の人材交流を促進することにより、
 地域の創造活動の“つなぎ手”の情報力・ネットワーク力を高めます。
 10年後の千葉が「もっとも創造活動がしやすい県」になることを目指します。
 
 2006年は、千葉県内、千葉・木更津・銚子・八街・松戸・船橋の6ヶ所の他、
 宮城県東鳴子、兵庫県淡路島、横浜、など創造活動が盛んな場所とも連携し、
 日本全国におけるネットワーク形成も視野に入れた事業展開をしました。
 
 http://www.chibacreativecluster.org/


 ・・・・・・・・・・・+++++++++++
 ■お問い合わせ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 担当:山浦彬仁(yoshihito0626@y6.dion.ne.jp)
 わかものNPO−Voice of Tsukuba事務局 (voiceoftsukuba@yahoo.com)
 HP: http://vot.seesaa.net/
 Mixi: http://mixi.jp/view_community.pl?id=430512

posted by Voice Of TSUKUBA at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | パレット つくば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

pot*cafe in December 〜We love 街! あなたにもっとふれあいたくて〜

□□□□□□□□□*********□□□□□□□
暦の上ではすでに冬。
つくばは、寒さも厳しくなりいよいよ筑波山の紅葉も本番を迎えています。
□□□□□□□□□*********□□□□□□□

pot*caféのお知らせ

今月のテーマは、「街」
「We love 街! 〜あなたにもっとふれあいたくて〜」

”街づくり”といっても人によってさまざまな解釈がなされています。

そこで今回は、街を基盤とした”ふれあい”にテーマを絞って話をしていきたいと思います。
私たちは、ごくごく当たり前に街やそこに住む人と毎日ふれあっています。
街というフィールド上で人と人が出会うふれあいはもちろんですが、人と街とのふれあいも今回の大きなテーマです。ふれあうことによって感じた、いい面や悪い面を今後どうやって生かしていけるかを考えます。
あなた視点での「街とのふれあい」について、改めて話してみませんか?
参加をお待ちしています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪pot*café We love 街! 〜あなたにもっとふれあいたくて〜 ≫

主催: わかものNPO−Voice of Tsukuba
日時: 12月3日(日) 
13:00〜15:00(終了後、別会場にて懇親会)
場所: つくば市市民活動センター会議室

□概要
つくばという「街」について、いい面・悪い面を含めてさまざまな人の思いを集める場、理解しあえる場になることを目指します。

まず、企画者(長江奈々 筑波学院大学2年)視点での、つくばを良くも悪くもいろんな意味で紹介し、街のふれあいについて考えるきっかけを投げかけます。ついで、ゲストである、吉澤拓朗さん(筑波学院大学2年)と横山夏来さん(芝浦工業大学3年)のお二人にそれぞれの視点での「街のふれあい」について話していただきます。同じ「街」をテーマに活動している方々でも、土地やふれあう人が違えば、これほど見えるものが違うんだ!ということを実感していただけたらと思います。

企画者とゲストのお話、そして参加者の意見などをふまえて、ディスカッションをします。「実際にこういうことをしているよねー」とか、「ここがちょっとねー」といった、街に対しての現状を個々が理解できるようにしていきたいと思います。

いろいろな「街」へのキモチがわかってきたところで、ワークショップを行います。『未来都市つくば』をデザインして、さらなる人と街のふれあいが生まれるような街へと進化できるつくばを考えたいと思います。

pot*caféが目指すものは、「参加者間に新しいつながりが芽生える」ことです。
そのため、テーマや開催場所は、「何か新しい発見が出会える」「今まで知り合えなかった人に出会える」ということを一番に考えます。

・・・・・・・・・・・・・・・+++++++++++・・・・・・・・・・・・
■日時:
12月3日(日)  13:00〜15:00

■場所:
つくばエクスプレス「つくば」駅下車

■参加費
200円(飲食費+資料費)

■当日のプログラム (予定)
1. オープニング 企画者(長江奈々)のあいさつ
2. 吉澤拓朗さんのお話
3. 横山夏来さんのお話
4. グループディスカッション
5. ワークショップ
6. 報告会
7. エンディング

*詳しいプログラムについては、随時お知らせいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・+++++++++++・・・・・・・・・・・・
■ ゲスト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
□ 吉澤 拓朗さん
(つくば学院大学情報コミュニケーション学部情報メディア学科2年)
学内のOCPでは霞ヶ浦クラブでフットサルを通じて子供たちとふれあうという活動をしており、また学外の活動では、地元町内の自衛団や保育ボランティア、民主党サポーターとしても活躍されています。

□ 横山 夏来さん
(芝浦工業大学システム工学部環境システム学科3年)
街づくり市民活動を支援する学生NPO「場助っ人(ばすけっと)」に所属。現在は、2006年12月10日(日)に行われる、「学生まちづくり学会2006」(HP:http://www3.to/gakumachi)に向けて実行委員長を務め、日々活動されています。
・・・・・・・・・・・・・・・+++++++++++・・・・・・・・・・・・
■お問い合わせ          
主催:わかものNPO-Voice Of Tsukuba

担当:長江奈々(0523010@tsukuba-g.ac.jp)
事務局 (voiceoftsukuba@yahoo.com)
HP: http://vot.seesaa.net/
Mixi: http://mixi.jp/view_community.pl?id=430512

posted by Voice Of TSUKUBA at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | pot*cafe | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。