2007年03月26日

ラグジュアリーな合宿@淡路島

先日、VoTメンバー(山浦・呉屋・哲也・明日美・ずっぱ)は、3月14日〜18日にかけて大阪経由淡路島合宿を決行しました!

最上級のおもてなしとともに、人とのつながりを感じるとともに、どこかゆったりとした生活リズムのある淡路島の美味しく・面白いところばかりを満喫した、そんな旅となりました。

それもこれもすべては、AAFという全国ネットワークに加われたおかげです。本当にAAFに感謝です。
また、今回の合宿の火付け役に加え、ガイドやVoT全体の世話人となっていただいた、淡路島アートセンターのやまぐちさんと久保さん、そしてアーティストさん、島民の方々に深く感謝いたします。本当にありがとうございます。



どんな旅だったのかについて、さらっと報告します!


1日目。

早朝に大阪に到着した一行は、道頓堀・通天閣へ。意外にも、人特におじさんが多い。
フェスティバルゲートという、人の集まらなくなった空遊園地へ。


その残骸のようなアトラクションは、姿を変えてどのようにまちに新たな刺激をもたらすのか。とても気になる中、バスで淡路島へ。
 

やまぐちさんが運営される事務所兼工房兼ギャラリーを見学し、島民の方々が制作から案内までをトータルで行うという作品展示会やAAF2006での参加アーティストLOCOさんの紙コップ作品に触れました。

また、淡路島の入り口的お店「リゾレッタ」へお茶に誘われて、シェフ自慢のスウィーツをいただきつつ、淡路島のまち歩きコースも教えていただきました。もちろん、その後はまち歩き。道中で、足湯を発見しました。そこで、淡路島の人々とのふれあい。



2日目。

2008年において、アートセンターがPJを仕掛ける予定の南淡路市の沼島へ船で訪れました。沼島を観光地化しようという計画が進行しており、やまぐちさんのお誘いで、沼島観光地づくりPJの事業報告会に学生として参加させていただきました。

島民の方々の思いと観光地を目指す旅行会社側のやり取りから観光地が作られる過程を学ぶ機会を得ることができました。


3日目。

最後に、アート山美術館を見学しました。ここは、大石可久也夫妻とボランティアの方々による、手作りの美術館兼アトリエがあり、数々の作品が展示されていました。

実は、現在も建設途中で、VoT一行も美術館作りに少しばかり参加しました。美術館は、淡路島の空気にあった温かみのある所でありながら、新しいアートの風を吹かせているという素敵な空間でした。

大石さんという「淡路の地域色に溶け込みながら、アートによる新たな視点を取り込む」プロに出会うことができたのもまた、やまぐちさん・久保さんのつながりからうまれた機会です。

今回の合宿は、(無理に)一言でいうならば「人のつながりでつながりを感じる合宿」ではないかと思います。AAFの全国ネットワークから、派生したネットワークを存分に活用し、堪能でき、実に充実した旅となりました。

これから、リレー的に他のメンバーによる淡路島の淡い思いをレポートしていきます。乞うご期待☆★
posted by Voice Of TSUKUBA at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 合宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

水戸合宿&水戸探索ワークショップその@

いってまいりました水戸!!
水戸はわが故郷なので、blogにも気合が入ってマス。ということで今回のライターは合宿大臣shimanaが担当しています。

今回、合宿の詳細発表が二日前ぐらいという不手際をやらかし、なおかつ当日大遅刻という失態をかましましたが、そこはノリでカバーホント申し訳ありません。。

では、まず参加者の紹介から。今回はVOTメンバー(ちひろ、りさ、てつや、ヤマウラ、杉田、吉田幸喜、椎名)水戸二高の後輩三人(王子、メグ、ちなつ)(夜のみ丹治さんと佐川さんが参加)

今回のスケジュール→
つくば発→水戸芸術館見学→昼食→水戸探索ワークショップ→水戸ユースホステルへチェックイン→夕食→プレゼン発表→新年会

ということで第一弾は合宿の紹介で終わります。明日詳細を書いた第二弾でを書きますのでお楽しみに!
posted by Voice Of TSUKUBA at 01:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 合宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

合宿の感想★(スタッフ・てつや)

合宿の感想☆

ちょっと遅くなっちゃったけど、この前の合宿の感想を少々☆

いや〜何より楽しくってよかったです!
団体としての方向性とかどうとかももちろん大事だけど、何より楽しくなきゃそれはあんまいい団体とは言えないよね!

水戸の街を歩いたりそのことをプレゼンしたり、とても楽しい1日でした!
まさか女子高生と一緒に歩くなんて思ってもみませんでした(笑)。

水戸の街を歩いたことで発見できたことはいっぱいあったけど、個人的に特に印象に残ったのはやっぱりあの路地裏の細い道にたたずんていた小さな養蜂屋さん。
小さなお店ながら、蜂が巣を作るときに出す分泌物(?)から作るろうそくなどその商品1つ1つには、おばちゃんの熱い想いが込められてるような気がしました。
1つ1つがちがって、それぞれのよさがあって、手作りの温もりと優しさを感じました。
そのおばちゃん、蜂がよく集まるアカシアという木が日本で禁止されようとしているのを受けて、その政府の対応に憤りを隠しきれないご様子でした。
政府はよくわからぬまま禁止を促そうとしているようで、それに関連してさまざまな政府のローカルな部分への対応に関して、おばちゃんはもっと地域の人のこと、現地の人のことを考えてほしいと言っていました。
まったくその通りだと思いました。
自分はまだまだ知らないことが多すぎるということを痛感しました。

帰り際に、おばちゃんは「好きなの取ってっていいよ」と、ろうそくをみんなに一つずつくださいました。
すごく嬉しかったです。

今回街歩きをして、そうして小さな養蜂屋さんのおばちゃんの小さなあったかさに触れられることができて、本当によかったです!
水戸もまだまだ捨てたもんじゃないなあと思いました(笑)。
長くなってしまいました。。
他にもいっぱい発見、喜びがあって、とにかく今回の合宿はとてもよかったです!
今回の合宿で得たものを今後の活動に活かせていけたらと思います♪

(VOTスタッフ・長谷川 哲也)
posted by Voice Of TSUKUBA at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 合宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。