2007年03月11日

それぞれ過ごしたこと。

先日、3月3日ひな祭り+4日にVoTメンバーの数人はそれぞれのつながりのある方々から誘いを受けて、遠くは佐賀県までイベントに参りました。

【山浦の場合】
まちづくりカレッジin SAGAへ行ってまいりました。このイベントは、関西版学生まちづくり学会といったところです。詳しくは、(おそらく)個人ブログ(http://yoshihito.jugem.jp/)にアップされるかと・・・。

【ずっぱの場合】
自分の所属する広告研究会絡みで、「消費者のためになった広告展」+「ニッポンのデザイナー展」へ行ってまいりました。
これらのコメントは、個人ブログ(http://zuppa333.jugem.jp/)にて。VoT的立場としては、これらの展覧会が開催されていた汐留地区(正確には、汐留1〜3区)を歩いてみました。街づくり進行中なので、とても奇妙な一画に遭遇しました。


汐留の「街づくり」の基本方向として、異文化(イタリア文化)を導入し、商業を基軸に業務・住居等の共存するコミュ二テイを目指しているそうです。


で、ポイントなのが、従来の「区画整理事業」対応の組織と活動形態ではふさわしくないので、組織を法人化し「特定非営利活動法人コムーネ汐留」がグイグイやっていることです。


そのまま輸入して、街はきれいだけど……何がしたいのか?って外部の人に思われないような方向へと進んでくれることを願っています。
 
【呉屋の場合】
今日は野口さんのお手伝いに、ということで、カピオで行われた「ディファレント・アート・フェスティバル」に参加してきました。

感想は、一言でいうと、濃い!

とにかく濃厚です。200%オレンジジュースって感じです。

こと知的障害を持った人はただでさえ日常という枠をはみだして自由度が高くなっていて、一人で【表現】をしても強烈なインパクトがあるのに、16団体数百人が集まると、カレー粉・水に溶かずにたべちゃった、ぐらいに濃い〜んです。

その表現の集団には、年齢の壁も、性別の壁も、はずかしさや緊張などの表現に対するなんのチュウチョもなく、最後はバンドのメンバーが興奮して観客席を駆け回り、観客がステージにあがって踊りだすという、アンビリーバボーな幕切れでした。



【ちひろの場合】
アサヒアートスクウェア(アサヒビール本社となり)で
'踊りに行くぜ!!vol.7'を観てきました!!
お誘いいただいた楽の会、清水永子様、ありがとうございます!!

この踊りに行くぜ!!って言うのは
コンテンポラリーダンスの公演で、
有名な人が多数出ていらっしゃいます。
お名前をお載せておきます。


酒井幸菜さん、「納谷衣美×山下残」さん、「坂本公成+佐伯有香」さん、江本由紀子さん、康本雅子さん、Ko&Edge Co.さん


ここで特に印象に残った方の感想を・・・
 「納谷衣美×山下残」さんは、
分かりやすいし、単純におもしろかった。
大きな残さんが、衣美さんをギターにしちゃったり、
「シビビビーー」と言って観客に
うねうねしているところを見ていると、
アンガールズみたいな‘おかしみ’があるなぁと思った。
一緒にしていいのか疑問ではありますが・・・(笑)


 康本さんは、
最初は人形と踊りだして、ビックリしたんだけど、
その後はやかんとコップ、映像、花を使って、
すごく斬新なダンスだった。

 Ko&Edge Co.さんは、
3人全員銀粉まみれでばたんと倒れるたびに
粉が舞い上がっていた。
吠えたり、直角だったり、異空間が広がっていた・・・。
インフォメーションの文章は、
『「逆立ちで踊れ」といったのはニーチェである』。って始まってる・・・
そりゃあ異空間なはずだわ。男らしい世界、不思議な空間を体感しました!!

という感じです。いい経験しました☆☆

ちひろおどり.jpg


ちひろ踊り.jpg


(記事担当:ずっぱ)
posted by Voice Of TSUKUBA at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ソトシゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

AAFネットワーク会議2007!!

2月11日、12日の2日間でアサヒアートスクエアにて、「アサヒ・アート・フェスティバル2007 ネットワーク会議」が行われました。

DSC01729.JPG


1日目は、各PJのプレゼン(5セクション×約6組)がテキパキと進み、1時〜始まった会議は20時には交流会含め終了し、その後宴会×3という、結果的にはハードな一日でした。

まるで浅草にいながら全国行脚したような気分で、改めてAAFの強みである、全国ネットワークを感じることができました。


そしてビックリなことに、3月にお邪魔する予定の淡路島アートセンターの方がお隣の席で、また先日のSHOWCASEでお話した岡山のアート・リンク・パーティーの方とも同じテーブルで再会することになりました。自分自身も、セクションごとのミニトークの司会もして、自分の独断と偏見による質問に答えていただくこともでき、お腹いっぱいな1日となりました。

DSC01727.JPG
(写真:青森の「空間実験室」さんによる、冊子+リンゴ600円の販売+プレゼン風景→毎回のパフォーマンスに皆期待☆)


2日目は、宴会の飲み疲れを物ともせず、熱いディスカッション×2+AAFオリエンテーションが行われました。

実行委員として、各団体の疑問やAAFに対する提言などが生で聞く機会を得て、とても貴重な時間になりました。
ここでのkeywordは“ネットワークと意識づけ”、“狭さ・孤独”、“温度差”でした。

DSC01735.JPG


特に、AAFの強みであるはずの「ネットワーク」というのは、活かしきれていない、新規参入PJ団体にとっては絡みずらい「網」となっていたことを知りました。

DSC01734.JPG


また、一方ではAAF参加団体の方々のアイディア放出の現場を垣間見ることもできました。皆さん本当に妄想が止まらない!!


そんなわけで、個人的にも新しくて面白いことの仕掛屋達と出会うことができて、今後のstory展開に期待↑↑

DSC01719.JPG


実際にそれぞれのFesを見に行くことができるといいなぁと。という思いを残しつつ、無事にネットワーク会議は閉幕。
しかし、これからが面白いところなのデス!!

DSC01730.JPG
(写真:会場となったアサヒアートスクエアのライトアップされた階段→ちょっと怖い)


(記事担当:高橋「ずっぱ」)





posted by Voice Of TSUKUBA at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ソトシゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

自然に、アートとつながりを。

2006年9月24日に、芸術文化振興NPO準備委員会によるシンポジウムが、つくば市ゆかりの森で行われました。
第1部では、自然の中で生まれたアートにふれ、農園で自然味な野菜たちをゆったりと堪能しました。
第2部ではつくばのアートシーンを盛り上げている各団体によるプレゼンや、アートとコミュニティに関する熱い議論が約2時間半にわたって交わされました。



まず最初の訪問場所は、米倉庫を改装して作られた田井ミュージアム
シアターとアトリエからなり、ディファレント・アートや創作太鼓の演奏、ワークショップなど、海外との交流も含め幅広い活動の拠点となっています。カランカラン…とドアを開けると…。
????〓〓[×〓〓.jpg




そこには、ディファレント・アートのアーティストが描いた画が数多く展示・保管されていました。また、制作活動もここで行われているそうです。写真・左下は、施設長の柳瀬敬さん。
〓〓[×〓〓@Ь.jpg



場所は移って、今度はコミュニティー農園有機農業を中心とした環境活動が行われています。ここで生産された野菜や米は、近くはつくばから、遠くは浅草まで、100軒以上の野菜会員に販売されているそうです。写真・中央下は、事務局長(農園長)の江口肇(えぐち はじめ)さん。
??????±??Ω〓.jpg



そして、第2部へ突入し、シンポジウムが始まりました。

パネリスト・下山浩一さんによると、各々活動している団体が集う意義の一つは、こうしたつながりによって『お金をかけずに、多くの問題を解決できるようになる』ことだそうです。世の中、「言ってくれればよかったのに〜」ということが存外に多く、話し合いや相談だけで解決できる問題は思っているよりずっと多いのだとか。

『たとえば銀座に狭い展示スペースを借りるだけで20万かかるが、知り合いに頼んで空いた場所に展示してもらえばタダ』。…なるほど、そうだったのか!すばらしいお話に納得しどおしの2時間半でした。
〓〓〓×〓〓????.jpg



この日の衝撃的一瞬。これは、第1部途中でのENDO企画さんのパフォーマンス。

¨????±??¨.jpg



posted by Voice Of TSUKUBA at 18:09| Comment(0) | TrackBack(1) | ソトシゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。